ddラボ

ddラボのコースについて

更新日:

DDLabo(ラボ)のエステコースについて

DDLabo(ラボ)のエステコースについて

オーダーメイドのケアプランを作成する

無料カウンセリングの際、希望のダイエットに関する詳細な聞き取りを行い、個人個人に応じてオーダーメイドのケアプランを作成します。

DDラボでは肥満遺伝子検査(別料金)を行い、どの「遺伝子型タイプ」なのかを判断した上で、それぞれのタイプに応じた食生活を指導。効果的な減量へと導きます。

肥満体質の要因は、30%から70%が遺伝子によるものとされています。DDラボはその遺伝子を検査し、肥満を3つのタイプに分類しました。

洋なし型

下半身が洋なしのようにどっしりと安定し、皮下脂肪がついてしまったタイプ。

性格は頑固一徹で真面目。1度決心したら目標達成までダイエットをやり続けるタイプです。

洋なし型の人には、低脂肪ダイエットが効果をあげます。

りんご型

内臓に脂肪がつきやすく、ポッコリとお腹が出てしまうタイプ。

ご飯、お酒、甘いものが好み。誘惑に負けやすい性格です。

りんご型の人には、糖質を控えめにしたダイエットが効果をあげます。

バナナ型

肉がつきにくいので、見た目には太っているとは思えないタイプ。

几帳面かつ神経質。それほど食欲がないため、食事をしなくてもあまり気にしません。そのため太りにくいのですが、一度太ると痩せにくい体質です。

バナナ型の人は、高タンパク質食品によるダイエットが効果をあげます。

施術のスタート

ヒートマットとドームサウナを使い汗を出す

ドームサウナの中に入り、遠赤外線によって全身を温め、マラソン2時間分におよぶ汗を出します。

これにより汗腺から汗ばかりでなく、皮脂腺の老廃物まで排出することができるのです。

老廃物が排出されると、むくみが消え、全身が温まることで血流も改善されます。

頭はちゃんと外に出ているので、サウナルームのような状態ではありません。高温にさらされると貧血になりやすいという人でも、問題はありません。

スーパー温冷キャビテーションを行う

キャビテーションは「切らない脂肪吸引」といわれる痩身治療。特殊な周波数の超音波により、体内の脂肪・セルライトにアプローチ。脂肪細胞膜を破壊して脂肪細胞を減らします。

通常のキャビテーションでは体を温めて、気になる部位の奥にまで超音波の浸透が高めます。しかしDDラボのキャビテーションは冷却機能も備えていて、脂肪を吸い出すことで皮膚のたるみを引き締める効果が期待できます。

トリプル機能搭載LEDラジオ波吸引を行う

キャビテーションで分解された脂肪細胞をラジオ波によって揺らします。

DDラボでは、「ラジオ波」「吸引」「LED」という3つの施術によって、浅い層から始まって中間層深層部にいたるまで徹底的にもみほぐし、セルライトが出来ないように対策を行います。

高周波EMSによって深層の筋肉を強化する

刺激を加えることにより、筋肉を強化します。寝たままなのに、同じ時間エアロビクスをやったくらいの運動効果を得られます。

背筋を鍛えれば、同時に下腹部の筋肉が強くなり、お腹のふくらみも解消されます。

キャビテーションとは何か?

ここで、最近美容業界でよく耳にする「キャビテーション」の説明をしましょう。その後で、口コミでのDDラボの評判を紹介してゆこうと思います。

キャビテーションは、日本語に訳せば「空洞現象」。もともと物理学での用語で、液体に圧力を加えることにより気泡が発生する現象を指します。

美容業界では、特殊な周波数の超音波を脂肪細胞に当て、脂肪細胞膜を破壊する治療行為をキャビテーションと呼んでいます。

キャビテーションは、2012年に美容業界に導入されました。
超音波が当てられることによって脂肪細胞の周辺に圧力差が発生し、その結果細かい気泡が生まれます。
その気泡が消滅する時の衝撃によって、脂肪細胞膜を破壊してゆきます。

ddラボの口コミ情報TOPページへ

-ddラボ

Copyright© 『本当に効いた!ddラボの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.